--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.0323:05

苦しい現実

元気になるために
おバカのブログを書き続けている
ゴエタヴィと かーちゃんのブログ


悲しい事があり
悩み苦しいです

書くことは辞めようかと 思っていましたが

気持ちを整理したく
書くことにしました


本日の更新は かーちゃんの小言です
思いを淡々と書いてしまうので
読みにくい 長い記事になると思います
ど~ぞ スルーをしちゃってください


そして
前回のコメントのお返事をお待ちの方々

お返事の前に更新してしまう失礼
本当にごめんなさい

後ほど お返事しますので
待っていてください






前回の記事(実家に行った事)で 書かなかった事があります

五右衛門が あってはいけない事をしてしまいました



初めに 
五右衛門の今までの事を書きたいと思います。



過去にもお話した事ですが

栃木に引っ越してきたと同時に
五右衛門を家族に迎えました

仕事を辞め 違う環境に住む事
生まれ育った町に戻ってきたのに
なぜか・・・適応出来ず
かーちゃんは 病んでました


五右衛門はパピー
24時間ず~っと一緒に過ごしてた

甘え上手で 優しい思いやりのある五右衛門に
どれだけ かーちゃんは励まされ 救われたことが

五右衛門が1歳になる頃には
仕事を始める 前向きな気持ちのもなれた

仕事をするにあたり 五右衛門はお留守番をしなくてはならない


仕事始める前に 様子を見るためトレーニングをした

[高画質で再生]

�����֤�α���� [アダルト無料ライブチャット]


繊細で神経質な五右衛門
ドアの前で ず~っと座り込み
泣き続けて過ごす

病んでいたかーちゃんをしってるから
心配してくれたのかな?

いざ仕事が始まり
ず~っとこの状態
かーちゃんは 仕事を辞めようか悩みましたが

五右衛門の可能性と自立を信じ
お留守番をしていました

そんな3か月が過ぎた頃

五右衛門は梨を食べた時
誤って爪楊枝まで誤飲


その時の記事

開腹手術をするか?
それは それは 
五右衛門家にとって 悩まされた事

ばぁばも すご~く心配してくれ
うんPから排泄される事を想定し
かーちゃんが仕事中 実家で五右衛門を預かると申し出てくれました

わんこを飼ったことのない
実家に預ける事
不安でしたが

開腹手術になるかも知れない 現状だったので
実家にお願いした


五右衛門をお迎えに行くと
「お利口だったよ」
「バナナあげたけど 食べなかったよ」

ちゃんと報告してくれた ばぁば

孫が居ない両親にとって
五右衛門が居る事
可愛く 楽しい時間だったようです


無事に楊枝野郎が排泄され
落ち着いた 五右衛門

また お留守番が開始
いつもの お家での生活


一度預かっていた じぃじとばぁばは
五右衛門にも 情が芽生えたのでしょうね



仕事人間だったじぃじが 退職されて
じぃじとばぁばは
お留守番中がかわいそうと
五右衛門を預かりたいと 言ってくれました


定年をした 両親が・・・・
元気になれるなら
そう思い 
かーちゃんが仕事へ行く時
五右衛門を預けました

じぃじが 五右衛門を迎えに来てくれ
とーちゃんが仕事の帰りに 迎えに行く

五右衛門は 寂しいお留守番もしなくていい

両親も喜んでる
そんな・・・
甘い考えでいました


しかし

預けている間
五右衛門は・・・
じぃいの散歩相手になり
1時間 2時間 何キロも連れまわす

帰宅したら 足を拭く


わんこの習慣
散歩をしたら足を拭く
それは 当り前の行動


しかし・・・
五右衛門には

1歳のころから トリミングのトラウマからか
シャンプーなどの体のケアーが苦手になってました

トリマーさんや獣医さんに 相談しながら
無理やりは控え
少しずつ 慣らすようにしていました
だから 無理やり足を拭くことはしていませんでした

わんこが人と共存していくための
当り前のことさえ 出来ない五右衛門



五右衛門にとって 
散歩に連れて行ってくれる じぃじが
抱きかかえ抑えつける

ばぁばが 無理やり足を拭く

どれだけ 不安で堪えていたことか


そして 
毎日 実家へ行く事
五右衛門にとっては
家が2つあることと同じ
わんこの習性からしたら
落ち着かないはずです

始めは我慢をし 頑張っていたんでしょうが

日に日に 自己防衛の表現をするようになった

関連記事

台ふきんを持ってるだけで
五右衛門は常に ばぁばを警戒
ばぁばに威嚇するようになりました


そして
事故が起きました


昨年(1年前)のお正月
ばっぁばは ケガをしなかったが
五右衛門が ばぁばに飛びついた

ショックでした




家が2つある事 慣れない環境は
五右衛門にはストレスなだけで

お家で お留守番の方が
五右衛門のためなのかな??


先生やブログで心配してくれた方のアドバイスの元
お留守番を開始

1から始まりでしたでしたが

慣れを感じ
お留守番中 ほとんど寝てくれるまで
落ち着いてきました


[高画質で再生]

お留守番再開2日目 [ブログ引越し]

トリミングも 慣れたトリマーさんには
ケアーをさせてくれるまで
五右衛門も 頑張ってくれました


こんな五右衛門に
お留守番が 
もっと楽になれたら~いいな~
そんな勝手な考えで
ブヒが大好き五右衛門家

半年後
タヴィを家族に迎えました

タヴィは お母さんから離れ
ず~っとペットショップを転々とした子

社会化が必要としているパピーの大切な時期なのに
散歩もされず
ドライフードにお湯でふやかした フードを
パピーと同じ様に食べ
散歩も行けなかった 7か月間

この子に出会い


五右衛門家は
感情のままに

タヴィを家族に迎えました


五右衛門~もう寂しくないよ
弟が出来たよ

そんなキレイ事しか 考えていなかった



しかし・・・
先住人の五右衛門は

タヴィを迎えてから 3日後
下痢に 嘔吐
ストレスで胃腸炎を起こしました

今まで下痢をした事のなかった 五右衛門だったので
この変化に 家族も動揺しました


パピーのタヴィ助は KY
トイレトレーニングは難しく

五右衛門のトイレで排泄したり
リビングのあちこちで 排泄


五右衛門までその後
タヴィの臭いを消すかのように マーキング

玉あり2ブヒとの関係
男子とての自己主張排泄物やブヒレスやら 
お互いの持ち前の 我
苦戦でした


先住人 五右衛門の為
ご飯でも トイレの片付けも
なんでも 全て五右衛門優先で 先に


2ブヒの関係は
時間が解決してくれました

タヴィを迎え半年
タヴィも落ち着き
五右衛門も お留守番は余裕

今まで かーちゃんが仕事へ行く準備をしてるだけで
五右衛門は ソワソワしていたくせに
今では
お留守番のスイッチ入って

2ブヒとも 自分のお気に入りの場でまったり

2ブヒのいい関係 いい距離が出来ていたが


そん反面
五右衛門の苦手はエスカレート

苦手なシャンプーや体のケアーは
獣医さんが立ち合いの元ではないと 出来ないほど
興奮による チアノーゼが酷く
命にかかわるまでになってしまいました


以前もお話しましたが

獣医さんや トリマーさん しつけの先生に
相談しながら 五右衛門は 
今 人間社会で共存するため

小さな事からでも コツコツ
苦手を克服するための トレーニングしていました


苦手なお水に対しても
噴水の縁を歩いたり
お風呂場へ 自分から来てくれるようになってました




昨年 タヴィを迎え
色々と悩みながら頑張っていましたが

そんな中
じぃじとばぁばと同居する 妹夫婦に赤ちゃんが出来
じぃじ ばぁばには 初孫が生まれました


嫁として
複雑だったかーちゃん

妹も わんこは苦手
初孫に夢中な両親

五右衛門と実家での事もあり
自然と・・・実家に遠慮し
実家と・・距離を置いてしまいました


それはきっと
勝手な 嫁の逃げだったのかな・・・

ばぁばは「いつでも遊びにおいで」
そう言ってくれる

実家に行くたび
新生児のBabyちゃんが いるから
気を使い ブヒ達は車で待たせていた

でも・・・
ばぁあは 我々が帰る際
必ず 車まで来てくれて

「五右衛門~元気?会いたかったよ」
そう話しかけてくれる


預かっていた際 
一度は威嚇していた五右衛門に
預かっていた時と変わらず
優しい事を 言ってくれる ばぁば

かーちゃんも素直に 実の母のように甘えたい

でも・・・
出産を終え
孫を見せてあげた 妹

かーちゃんは
彼女の事を思うと・・・

ブヒを連れ
実家で甘えられない

距離を置く 勝手な判断をしてました

でも
Babyちゃんも 6か月を過ぎたので 実家に帰ったのが
前回の記事のことでした


じぃじもばぁばも留守

洗車をし
妹とBabyちゃんと
ブヒ達は日向ぼっこ


そこへ 近所の人たちが
「フレブル可愛い」と集まってきました

ブヒ達は バギーの中
なでられて ご機嫌

いつもの ブヒと人とのコミニュケーションでした


そこへ
美容室から帰宅した ばぁば

五右衛門は ばぁばの姿を見た途端
バギーから飛び降りてしまった


その行動に ばぁばは
自分が来たから 五右衛門が喜んで飛び降りた
久しぶりに会ったのに 覚えてくれていた
そう 思ってしまい

五右衛門の事を ナデナデし続けていました


すると 突然 五右衛門が
ばぁばに 攻撃

ばぁばの指を噛みました


リードを持っていた ばぁば
近くにいたかーちゃんは 五右衛門を慌てて引き離しましたが
五右衛門は震えていました

ばぁばは 右手小指に病院へ行くほどの
ケガをしました

人に牙をむけるなんて
絶対にあってはいけない事

とーちゃんが五右衛門の事を 離れた場所に連れて行き
人が居ない場所で2人きりで 向き合い
落ち着かせ 叱り言い聞かせました

それは繊細な子だからこそ
 
人前で叱られる事
五右衛門を傷つける事だと思うから
そうしてくれたとーちゃん

ばぁばの 傷口を水で流し
処置をする かーちゃん

その時 ばぁばは
「私が わるかったのよ」
「私の事を嫌い 警戒していた過去の事など忘れ
久しぶりなのに 可愛さのあまり
いきなり 触りすぎたから・・
私が悪いのよ」

「五右衛門を 余り叱らないで」
「私が悪いの」
そう言い続けるばぁば

病院の待合室でも
「五右衛門は繊細なんだよ」
「五右衛門に悪いことしちゃった」

そう言う ばぁば


ばぁばのケガは 消毒のため毎日通院が必要となりました

毎日 様子はいかがですか?と連絡するたび

「五右衛門 その後大丈夫?」
「五右衛門は繊細だから この事でおびえていない?」

そんな心配をしてくれる ばぁば

五右衛門の家族である かーちゃん
ばぁばの優しさ

苦しかった
悲しかった
ショックだった


五右衛門~なぜ?どうして?
そんな言葉だけで解決出来ない

人に対して わんこに対しても
決して・・・うなりもしないのに

体のケアーと ばぁばに対し
ここまでの 震えと恐怖
その結果 虚勢を張る

ビビリで カラスの様な心
繊細で 神経質で

トラウマを克服する事が 難しい事だけど
少しずつ 少しずつ
五右衛門のストレスを与えないように
慣れるため向き合ってきた

でも・・・
このような あってはいけない事故を起こしてしまい


今までのしつけが 間違いのか?
ど~う向き合えばいいのか?

ど~したら・・・
五右衛門が人間社会で 穏やかに共存できるのか?





犬がかむ 
PCで 検索していたら


「噛む犬は 保健所殺処分」

この事が 沢山出て来て

涙が止まらない


かーちゃんが 病んでいた時
側に居て 見守り励ましてくれた五右衛門


この子を 噛む犬と考えたくない
この子が 噛む犬と思われたくな
受け入れられない現実に

誰にも相談できず
立ち止ってしまいました


五右衛門も あの日から

壁を作ってしまったかのように
家族の事を気にし 切なそうにしています


201133.jpg

家族に背をに向け
遠くを見つめている時が 多いです

でも
「五右衛門」と呼ぶと
嬉しそうに 足もとへ来ます



この子が やっぱり大好き
愛おしい

この子を 保健所へ連れて行き
自分たちの手で 命を奪うことは出来ません


噛んでしまったこと 現実かもしれない

でも 噛むに至った虚勢を張る事
そうさせた五右衛門の心理

五右衛門~
五右衛門の心の中の気持ち 聞かせてよ
家族は どうしたらいい?


そう悩みながら
現実を受け入れられず
PCで調べてるだけで 空回り


そんな時

アニコムの特約を目にしました

日頃おとなしい子でも、不意の出会いに驚いて事故を起こしてしまうケースもあります。
「お散歩中に自転車と接触し、相手の方にケガをさせた。」
「来客のくつに興味をもち、かじってしまった。」
など思いがけないトラブルが起こる可能性があります。
そんな時は ご相談ください

ゴエタヴィは アニコムに加入し特約も付けてあります


電話をし 相談してみました

オペレーターの方が 親身に対応してくれ

「突然の事で さぞショックを受けられたことでしょう・」
「噛んでしまった事故 今まで何件も取り扱ってきましたが
家族は 皆さんショックでご自分を責めてしまいます」
「ですが 五右衛門ちゃんも家族を愛し
家族に愛されるべき 命なのです」
「五右衛門ちゃんを 叱るのはその時 1度だけ」
「深々と責めず ご家族もこの事だけに神経質にならず
今から出来る事を 前向きに考えてみましょう」

オペレターさんの言葉
涙が止まりませんでした

ばぁばの医療費は 保険で対応してもらう事になりました

そして オペレーターさんに励まされ
以後 このような事が起きないように

五右衛門と 向き合わなければならない
そう心に決めました



「怒る」と「叱る」と「躾」

「怒る」とは・・・自分の感情のままに表す言葉
対義語・・・笑う

「叱る」とは・・・相手を思い 行動を表す言葉
対義語・・・・褒める

「躾」とは・・・相手を思い 日常生活の作法や習慣を身に着けさせること


今まで何度
こんな初心を振り返ってきただろう

しかし・・・
現実は
感情のままに 怒っていたのかな?
五右衛門に対し いっぱい笑って見せてたかな?

五右衛門を思い 行動で叱ってあげてたかな?
そして・・・沢山褒めてあげてたかな?


大切な事を 押しつけていただけで
身に着いていないね
五右衛門を思い 躾をしてあげれてない証拠


ブログでアップし
五右衛門を嫌いになってもらいたくない
そして・・・
五右衛門は 「噛む犬」
そう・・・思われてしまうことが
辛い
悲しい

でも 現実を受け止め

自己防衛の表現の理由を考え

健康に 人間との共存が
安心で快適で過ごす事

家族が今まで劣っていた事
自分自身も補いながら
成長しなきゃならない

そして 人と過ごす事の幸せさ
五右衛門を守り
伝えてあげたい

五右衛門とゆう命に 向き合って行きます




ばぁばは 明日から旅行に行きます

痛い思いと 楽しい旅行へ行くのに
包帯で不便を与えてしまった

「傷は日に日に良くなるよ
心配かけて ごめんね
元気に旅行に行く気満々だから 大丈夫!
これにコリズに また遊びに来てね」

そんなメールに 益々前向きになれました






まとまりもなく
ただ・・淡々と思いを書き綴った記事

最後まで読んでいただき ありがとうございます

自分に 言い聞かせるためにも書きました



凹んでいたかーちゃん

職場で先輩が


娘と買い物していたら
かーちゃんが絶対好きだって ゆう物発見しちゃつた
だから 買っちゃった~

はい!元気になって

そう言われ プレゼントされちゃった

201133-1.jpg

フレブルエコバック



ゴエタヴィ家は
人に生かされ
人と暮らす

ブヒが大好き
こんなかーちゃん


家族だけでなく
携わる人々に 支えれ今がある


ブログも その一つ

ありがとう
頑張ってみたい


banner

banner





スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

頑張ろう。

初めまして。
ひろばからきましたおかちんです。
私も同じです。
ペットロス症候群で言葉さえ話す事が出来ず
鬱に陥りました。
どんなに、誰に優しくされても
心に開いてしまった大きすぎる穴は
誰にも埋めることが出来なかったのに
里子で我が家にやってきた我が家の一人息子
キットがあっさり、いとも簡単にその穴を埋めてくれた。
私にとっては、彼が命の恩人であることに変わりない。
だからどんなことがあっても彼の人生が終わる時まで
彼を守り、一緒に生き続けて行こうと決めました。
それでも彼を失った時、
またわたしは以前より遥かに廃人への道に進むかもしれません。
それでもわたしは彼と一緒に生きて行きたい。
彼の里親になって3年になりますが
未だに模索しています。
わからないことがいっぱいあります。
噛む事を肯定はしません。
でも噛む犬が決して悪いわけでもない。
人間にもその日の気分があるように
きっと犬にも感情はあるはずです。
されて嫌なこと、それに対して怒ることも同じだと考えます。
人間は言葉で表せるけど
彼らにはそれが出来ませんものね
態度で示すしかないんですもん。
だから、人間側もあまりにも無防備に、無秩序に触れる事も
注意する必要があるとは思います。
読ませて頂きながら、もの凄く愛情が感じられ
葛藤されているのが伝わってきます。
頑張りましょう!!
お互いに(笑)

No title

がんばれ!かぁちゃんv-363
五右衛門君の言い分を理解出来るのは
かぁちゃんだけe-266

五右衛門君は、一番大好きな かぁちゃんとの生活を
守るために一生懸命なのでは…
「噛む犬」なんかじゃないよ(キッパリ)
突然、噛んだのではなく噛む前にサインを
出していたはずだと思う。
ばぁば様宅に以前に預けられた事を思い出して
かぁちゃんから、引き離されると思ったのかな???

フレブルは、人に対してもワンコに対しても
好き嫌いが、はっきりしていると感じます。
五右衛門君に、いっぱい愛されている
かぁちゃんは、幸福者e-326

No title

そんなことが・・・・タオ変だったね・・・
でもばぁばも解ってくれてるよ~
私の周りにも噛むワンちゃんが居てほんとに飼い主さんは気をつけている~
なにが原因か分からないけど五右衛門にはちゃんと理由があるんだるね~
わんちゃん自信には責任はないと思うし飼い主さんがその子をしっかり理解し接して行くしかないと思うよ~
厳しい言い方だけど五右衛門を変えようとしていくのは難しい
だからか―ちゃん達がうまく合わせて気をつけていくしかないかな~
あまり考え過ぎると楽しくなくなちゃうぞ~
もうこうなったら、こうでなくっちゃいけないは考えなくって五右衛門に合わせて考えていったらいいんじゃないかな~
もううまく言えない~
また、会った時にでもお話しようね~
ワン生活楽しく行こうね~元気でいてくれることが全てなんだから~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そんな事があったとは知らずに、実家での楽しい
一家団欒を過ごせて良かったね~って思っていました。
かーちゃんの五右衛門くんに対する大きな愛情が凄く感じられるし、
それと同じくらい葛藤されてるのも凄く伝わってきたよ。
五右衛門くんが噛んだのも、五右衛門くんなりにちゃんと理由があった
からだと思うし、噛むという事がいけない事だってちゃんと分かってると思うんだ・・・
五右衛門くんの事を一番理解してるのは家族だよね~
これから気をつけて、五右衛門くんの様子を注意して見てあげれば、
同じような事は絶対に起きないと思う!大丈夫!!
私が言える立場じゃないけど、あまり神経質になりすぎたら
BUHIとの楽しい生活が半減しちゃうよ~
私もまだまだ子育て模索中ですから~
暖かくなったら遊んで下さいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

隊長は 五右衛門が大スキだよ…。
ゴエモンかーちゃんのこともいつも応援しているよ…。

五右衛門家に、早く 笑顔が戻りますよーに。
まずは、かーちゃんが笑顔に戻らなきゃね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。
思わぬ事故が起きてしまったのですね。
自分も、ドッグランで仲良くしてもらっている普段はいい子にしているワン子に噛まれて、手が真っ赤になる位出血した事があります。
幸い、何ヵ所も長く皮膚が切れたのですが、二時間位で出血が止まったので
医者に行く程ではありませんでした。
その時の原因は、武蔵とそのワン子がガウッたのを引きはなし
ワン子が向かって来たので、その子の目の前に手を出したのが怖くてそんな事になってしまったのだと思います。
ゴエモン君も、その時はスイッチが入って噛んでしまった事反省しているからその後元気がないのだと思います。
ゴエモン君が噛んでしまった時のばぁばの行動の中で心当たりの行動があったら、家の子は00されるのが嫌いなんですと言っておけば、二度と起こらないと思います。
かーちゃんさん、ゴエモン君のトラウマは克服に時間がかかりそうですが
コツコツと気長に頑張って下さい。
ばぁばの手と心のキズも1日も早く治るといいですね。

No title

だってさ、犬なんだもん。
ちゃんとね、我慢させてしつけて噛まないようにして・・・
でも、犬なんだもん。
アッ!って自分でもしまったって思っても、間違いはある。
お母様に甘えたくて行き過ぎちゃったかもしれないし。
でも、噛んだ事はいけないからね、その場で教えてあげて終わり。
怒った分、いい事した時は褒めてあげて。
大変だけど、五右衛門信じてあげてね。
大事な家族だもんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うちのあずなら、五右衛門くんの気持ち分かるなぁ~って絶対言ってくれますよ(笑)
うちのあずにもいっつも言い聞かせてますよ、「どんな事があっても噛んじゃダメ!」「牙をむけちゃダメだよ」って・・・
まぁそれでも、噛む時は噛みますけどね(~_~;)
でも、噛んだ後、申し訳ない事をしたって顔してますよ
たぶん、理性より本能が勝っちゃうんですよね

五右衛門くんもうちのあずもきっと苦しいはず・・・
なんでこんな事ができないんだろうって
もっと楽に生きたいはず
母ちゃんの愛情はきっと通じるから、大丈夫だよ

保健所の話するなんて母ちゃんらしくないよ
もう、2度としちゃダメだよ(^-^)
五右衛門くんには五右衛門家しかいないし、うちのあずもうちしかいません
そんな時はうちを思い出して
仲間がいるからね♪

うちのらむとタヴィくんは気の向くままに生きてるね(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

読んでいて、涙が出たよ!
良いお母様じゃないのぉ~
お母様のその優しい言葉に救われたねっ!
五右衛門君も、こんなに家族から愛されてホント、幸せだ~!

我が家も、他人事ではないの~
もう直ぐ、11歳になるダックスのサスケに私だけ何度、噛まれた事か・・・!
サスケは私の事が大好きだから・・・
私が留守したりして帰宅すると、『何で僕を置いてったの!』
って凄い剣幕で怒るのよ!
でも、決して他の人を噛んだり、他の犬を噛んだりはしないんだけど・・・
どう言う訳か私だけ噛まれるの!
でも、かーちゃん同様、このサスケに今までどれ程助けてもらったか分からない!
感謝しても仕切れない程、感謝してるの!
噛んだ後は、直ぐに我に返り、深く反省してブルブル震えてる。
そんな姿を見ると、やっぱり私が付いていてあげなくちゃ!
って思うのよ!

今度、かーちゃんに会えた時、一杯お話をしたいと思います!
かーちゃんはホント偉い!
こうして、正直にブログに書けるんだもん!!!
余り、クヨクヨしないでねっ!
かーちゃんが、元気無いと五右衛門君が不安になるからねっ!

☆おかちんさん☆

はじめまして
長い記事を読んで頂いて ありがとうございます
なのに・・・お返事が遅くなってしまい ごめんなさい

ペットロス 辛いご経験したんですね
可愛い息子君のおかげで 簡単に穴を埋めてくれた事
そんな息子君への思い
うん!うん!ってうなずきながら 共感してしまいました
きっと可愛い子なんでしょうね
おかちんさんの優しいお言葉に
ブヒと過ごすこと 守ることの大切さ感じました

五右衛門にとってど~して?ばかり空回りしていましたが
大好きなブヒと 明るく過ごすためにも
五右衛門と向き合い 注意を図りながら
五右衛門を守りたいと思えました

可愛い息子君に会ってみたいな~
そしておかちんさんともっと お話ししたいと感じました
ブログを書かれていたら 教えてください

これからも宜しくお願いします
コメント 嬉しかったです 

☆Pちゃん☆

Pちゃ~ん!かーちゃんがいつも凹むと・・・
温かく優しい言葉をかけてくれて 本当にありがとうございます

Pちゃんの言葉にどれだけ救われ 穏やかな気持ちになれるんです
この現実を書いて・・・五右衛門が怖いと感じられちゃうかな?
そう思うと これからどうしたらいいのか?色々考えてしまってね
でも 現実を受け止め 人とブヒが過ごすため
皆さんとのご縁も 大切に続けたいからこそ・・・
これから注意を図り 五右衛門の気持ちになり向き合おうと思い
書かせてもらいました

Pちゃんが 五右衛門の気持ちに 温かい言葉がすご~く嬉しかったです
五右衛門は お留守番も頑張ってくれてます
あの頃のお留守番が ウソのように 今ではお留守番スイッチがあって
泣くこともないんですよ
Pちゃん言ってくれたように 実家にはあの時の不安が甦っちゃったのかな?
かーちゃん 愛されているかな
なら かーちゃんもブヒ達 愛さなきゃね
Pちゃん ありがとうございます

☆はなっぺさん☆

はなっぺさん~辛かったよ~ショックだったよ
ブログで書いて 仲良くしてもらえてる方々に
五右衛門が怖い・・・そう思われしまいたくなく
書こうか悩みました

でも現実を受け止め これから五右衛門との接し方に気を引き締めるたえにも 書きました

うん!水苦手から始まる体のケアーが出来ない事は
治療の必要な時に 大切な治療が出来ない事を 避けたい為にも
日々 小さな事からも トレーニングしています
嫌な思いや 不安へに 記憶は人よりの深いと先生から言われ
克服するのは すご~く難しいです
益々 ストレスを与えかねません
はなっぺさんが 言うように 
五右衛門を理解し 五右衛門に合わせ過ごすことが大切なんだと
今回 感じました

はなっぺさん ありがとう
会って お話したいよ~

☆2011-03-04(09:03)鍵コメさん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい
いつも かーちゃんが凹んだとき 
温かいお言葉と 経験をお話してくれて ホントに~ありがとうございます
かーちゃんは 心配性で不器用で すぐ~凹んじゃつて
全くもって 五右衛門とそっくりですよね

ばぁばだった事 起きてはいけない事ではありますが
少しだけ救われてます
もし他人様だったら・・・
想像しただけで 怖いです

焦らず 少しずつまたトレーニングを再開みます
「近くにいたら飛んでいって話しをじっくり聞けるのに・・」
この言葉 嬉しかったです
これからもご指導お願いします

☆まひろさん☆

お返事が遅くなってしまい いつもごめんなさい
優しいお言葉 ありがとう

大好きな五右衛門が あっては行けない事を起こしてしまい
すご~く凹みました
でもまひろさんや皆様の 優しい言葉に 励まされました

五右衛門にも理由があります
わんこは 人以上に嫌な思いや トラウマの記憶は深いと 先生も言っています
ばぁばに預けていた時の 不安や嫌な事 甦ってしまったのでしょうね
かーちゃんも五右衛門の気持ちを もっともっと考え
このような事故が起きないように 対応し守ってあげなきゃね

まひろさん 本当にありがとうございます
お互い ハッピーなブヒライフを続けるために 頑張りましょう

☆2011-03-04(13:32) 鍵コメさん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい

五右衛門が人を傷つけてしまった事
すご~くすご~くショックでした
だって~大好きな五右衛門なんだもの
でも ばぁばが優しい思いを持ってくれた事で 救われました
でも あっては行けない事
五右衛門の ご近所の人たちに触られても 嬉しそうにしていたし
ばぁばを見た瞬間 カートを飛び降りてしまった
嬉しかったんじゃなく 恐怖が甦ったサインだったんですよね

以後 五右衛門を守りながら 家族が明るく過ごせるように
頑張ってみるね
五右衛門がチューしてくれたよ ゴエタヴィ家が大好きだよ!と言ってくれて ありがとうございます
そして参考になるサイトを教えてくれて ホントありがとうです
頑張るね!

☆春隊長さん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい
ブログでアップする事
五右衛門を怖いブヒと思われてしまい・・・
大好きな友達との絆を 失ってしまうのではないか・・・
そう思うと 怖くって 書くこと悩みました

でも 隊長が大好き!って言ってくれたから
五右衛門も かーちゃんも頑張れそうです
ブヒの心理や苦手な事や好きな事は ブヒそれぞれですね
はるぴんとぶっちゃんも違いがあって~
隊長も頑張ってるな~って 読み逃げですが いつも応援していました

かーちゃん 皆さんに支えられ 笑顔になります
隊長 ありがとうね
嬉しかったです

☆2011-03-04(17:03)鍵コメさん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい
いつも優しいお言葉をかけてくれて ホント元気もらいます

近くに居たら きっとお慕いし いつもお邪魔しちゃうかもしれないよ
うざいよ~って言われちゃう程(笑)
いつも 言葉を選び かーちゃんの事を考えてくれて 嬉しいです
色々考え カチカチになった かーちゃんの心
ずば~っと理解してくれ ほんと嬉しいです
経験をお話してくれ 「わかるよ~」って言ってもらえアドバイス頂くと
頑張ろう~って元気もらいます

「同じ悩みを持った人 沢山いるよ」
その言葉 号泣でした
人とブヒに救われているのは かーちゃん
心配性で頼りない かーちゃんだけど
元気をもらいました
ありがとうございます

☆ムサパパさん☆

お返事がお遅くなってしまい ごめんね
ご心配ありがとうございます
パパさんも噛まれてしまった経験が あるんですね
噛んでしまった子の家族も 辛かったでしょうね
パパさんが言うように 五右衛門のサインもあったはずだし
一度は苦い思い出があるだろうとゆう ばぁばが長い事触り続けるのも
無謀だったんだと思います

トラウマを克服するのは すご~く大変な事です
苦手を克服するのは 簡単にはいかないので 
五右衛門を守るためにも 家族がしっかりしないとならないと
改めて感じました
パパさん~ありがとうございます

☆空太郎まま さん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい
空ママの優しい言葉 すご~く嬉しかったです
空ちゃんのブログを見て
空ちゃんの体のケアーやオシッコ絞りの事
家族の大変さ 家族の愛情 いつも励まされます

五右衛門がシャンプーも病院も苦手 興奮しては先生やトリマーさんを悩ませています
シャンプーしなくても命はとられない
でも治療が必要な時 治療もケアーもしてあげられない事が辛くって
だから些細な事ですが 触れる慣れるトレーニングしていました
これからも 頑張ってみます
そして 空ママみたいに 沢山褒めてあげようと思います
ありがとうございます 元気になりますね

☆2011-03-04(23:47)鍵コメさん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい
経験談をお話してくれて ありがとうございます

どの家庭にも 悩みや苦悩があっても それでも向き合い
元気に明るく過ごしてるんですよね
ママさんに 五右衛門はそうゆう子じゃないと言ってもらえ 嬉しかったです
心配性なかーちゃんだけど みんなに支えられてると思うと
元気になれます
ママさんのように家族の太陽になれるよう 
元気で笑顔いっぱいで行くね

これからもいっぱい アドバイスして下さい
師匠!

☆あずパパさん☆

いつもお返事が遅くなってしまい ごめんなさい
アズちゃん~五右衛門の気持ち分かってくれるなんて
嬉しいです

アズちゃんも五右衛門も繊細なんだよね
しかも 神経質でしょう?
五右衛門は 常に人の事をよく見て 行動を気にしています
疲れて心も休まらないよね
気楽にブヒライフ送ればいいのにね
そのためにも お互い頑張って ブヒ達守っていこうね

うん!保健所の話なんかしてしまい ごめんね
アズちゃんと五右衛門 一緒に頑張ろうね
応援団の ラムちゃん タヴィ助がついてるから 頑張れるよ
パパさん ありがとうね

☆2011-03-05(14:15)鍵コメさん☆

お返事が遅くなってしまい ごめんなさい

経験談を話してくれて ありがとうございます
あっては行けない事だから 凄くショックでした
五右衛門の嫌な事をされないために 威嚇を覚え
噛むことで嫌な事をされないよう防御となってしまったんですね
病院でもこんな状態なので 治療さえままならず 不安もありました

でも 二度と起こさないようにするためにも ママさんのように向き合い守ることが大切なんですよね

NGキーワードを把握し 守る事教えてくれてありがとうございます
ママさんに「かーちゃんは面白くないと」この言葉にちょっと笑顔が出ちゃいましたよ
また 元気になりおバカで~いきますね
ありがとうございます


☆ゴローママさん☆

お返事が遅くなってしまい ホントごめんなさい
書こうか?書かないか?すご~く悩みましたが
自分の気持ちを整理したく 今後 五右衛門との生活を見つめるためにも 長々と書いてしまいました
でも 沢山の方が同じ悩みを伝えてくれて 
かーちゃんも皆さんと同様 頑張らなきゃと感じました

ゴローママの優しい言葉に 元気をもらいました
あっては行けない事ですが 噛んでしまうことは恐怖の裏返しなんですよね
五右衛門の震えた姿 辛かったです
こんな思いをさせないためにも 守ってあげないと行けないですよね
ママさん 色々教えてくれて ありがとうございます
会って 沢山お話したいです
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール
とーちゃんのプロフィール

名前 : ゴエモンとーちゃん
性別 : 男性
血液型 : O型
自己紹介
我が家の3ブヒ
(五右衛門とタヴィ助と かーちゃん)を 食わせる為に、日々多忙に働く

一家の大黒柱
かーちゃん以上に親バカである
五右衛門に咬まれ・・ケガした経験あり
それでも、家族として向き合ってくれるとーちゃん
優しいとーちゃん
かーちゃんはとーちゃんが大好き

五右衛門の プロフィール
いいい-

【名前】  五右衛門 

またの名を HG

(ハレンチ 五右衛門)

【性別】  男の子

【カラー】 パイド

【誕生日】2008年5月23日

【体重】  14㌔

【嫌いな事】爪切り・お留守番・シャンプー

【好きな事】  イケメン大好き

【得意技】  エアー腰ふり~

天下の大泥棒

タヴィ助のプロフィール
いいい1-

【名前】  タヴィ助

【性別】  男の子

【カラー】 クリーム

【誕生日】2009年11月30日

【体重】  10㌔

【嫌いな事】掃除機・トイレ・

【性格】  優しい顔して根性強し!

天下のコソ泥

以前のブログ
鬱だった時の かーちゃんのブログです。
パピー時期のおいらがいますので遊びに来て下さい
☆天下の大泥棒 五右衛門様よ☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
banner
バナー
☆フリーリンクですので、貼り付けて頂けたら嬉しいです☆
↓ ↓ ↓ ↓
banner
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
命は物ではありません
カワイイ子たち家族を求めています。
いつでも里親募集中 banner 「禁煙始めました」 愛読中 フレンチブルドッグ専門【ZAIHOO】
ランキングに参加しています
banner
れおんくんママ作↓ banner banner
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。