--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.0511:56

術後の生活

応援メールやコメント ありがとうございます
お返事が遅れて大変申し訳ありません


五右衛門様 手術から2週間
土曜日 無事に抜糸を終えました


前回の記事にも書きましたが
巨大なエリザベスを装着した五右衛門様

2013-7-23-5.jpg

この巨大エリザベスとの生活は
五右衛門様も我々もホント大変でした

今回の更新は
抜糸までの2週間の様子をまとめたいと思います




術後 当の本人至って元気

だが・・・
今まで簡単にできた事が
巨大エリザベスに邪魔される

2013-8-1-7.jpg

フラストレーション溜まりまくり

心配して優しく覗き込めば・・・
「こんなの付けやがって」そんな顔して
メンチ切りやがる

2013-8-1-2.jpg


水も飲めない

2013-7-21-19.jpg

いつもお散歩で使っているボトルで飲ませようとしても
エリザベスの中に 何か入るだけで警戒してしまう

水皿をブロックの上に乗せたり
手ですくい与えてみたり
色々チャレンジしてみたが・・・
不安そうな顔して お水を飲んでくれない
水分補給には ホント苦戦しました

いつもの食器に
フードをお湯でふやかし、水を浸し与えてみた

2013-8-1-00.jpg

エリザベスを誘導してあげたら 見事 完食
お水も飲めました

五右衛門様が日頃愛用している フードスタンド

2013-8-1-5.jpg

大仏様 が依頼してくれて
BABEBARON家 が作成してくれたスタンド

2013-8-1-6.jpg

このスタンドの角度だからこそ
巨大エリザベスを捕え 安定させてくれた

慣れてくると 補助もなく
今まで通りに食べる事が出来ました

2013-8-1-3.jpg

このスタンドがなかったら・・・
神経質な五右衛門様
術後、水もご飯も食べれなかったことでしょう
ストレスを軽減できたのは このスタンドのお陰

大仏様
BABEBARON家
本当にありがとう 感謝!!!




睾丸摘出した五右衛門様の経過

2013-8-1.jpg

テーピングが取れかかる(暴れてる証拠)

睾丸を摘出してるのに
睾丸があるみたいに見えます

でも伏せると

2013-8-1-000.jpg

やっぱり・・・ない 寂しい気分になる
が!当の本人 至って元気

かーちゃんがキッチンで料理中
五右衛門様は ラッキーチャンスを狙い
いつもの様に猛ダッシュしてキッチンに来た 

キッチンで調理中のかーちゃんは・・・
はい!火傷は

2013-8-1-8_2013080222063951c.jpg

巨大エリザベス装着した五右衛門様
かーちゃんの足に突っ込んできた訳で
熱したフライパンに かーちゃんの腕 接触


エリザベスで激突されると痛いのよ~
五右衛門も家族も  巨大エリザベスにやられっぱなし

2013-8-1-10_20130804112345316.jpg

ベランダで 自分の姿を見つめてる

2013-8-1-9_20130804112347dfb.jpg

切ない~エリザベス五右衛門様
笑っちゃいけないけど その姿 笑える

その頃・・・・
パパジィの家にホームスティ中のタヴィちゃんは???

2013-8-1-11.jpg

1階のリビングにタヴィ助がいては
外で過ごす おハナさんが落ち着かないだろう
タヴィちゃんは2階の和室で過ごしていました

2013-8-1-13.jpg

慣れない環境に預ける心配はありましたが

2013-8-1-12.jpg

パパジィ付きっ切りで タヴィちゃんは一人っ子生活を満喫





術後 1週間
巨大エリザベスにも慣れてきたのか

2013-8-1-14.jpg

お気に入りの場所に乗ることも出来た

2013-8-1-22.jpg

手術の傷が痛々しい

術後1週間 病院に再診
この日 五右衛門様爆笑武勇伝を作る


五右衛門様を抱きかかえ先生に見せる
イメージ画像 こんな感じ↓

2013-7-21-11.jpg

医院長先生が 消毒するために傷口を覗き込むと・・・・
五右衛門様!!!!大変!!!!!

「よくもこんな姿にしやがったな!!!」
おしっこビーム!!!!
医院長先生目掛け おしっこ攻撃しやがった

先生大爆笑

元気な証拠と・・・笑うしかない


巨大エリザベス生活も 1週間もすれば慣れたもの

2013-8-1-16.jpg

狭い場所も エリザベスを無理矢理押し付け侵入する

2013-8-1-17.jpg

高い位置でも飛び乗る

2013-8-1-15.jpg

手術する前と なんも変わらない行動に
かーかんに怒られる

2013-8-1-18.jpg

1週間前は飛び乗れなかったのに・・・
あぁ~最悪・・・また椅子を奪われた

2013-8-1-19.jpg

巨大エリザベスもお構いなし
恐るべし五右衛門様

2013-8-1-20.jpg


術後 そろそろ2週間
タヴィちゃんの様子を見に実家に行くと

こちらも慣れたもの
和室でションベン小僧になっていた

だから

2013-8-1-23.jpg

和室は禁止で 洋間2部屋がタヴィ助部屋となっていた

2013-8-1-24.jpg

パパじぃの元で王子様状態です

術後 穏やかに過ごすため 2頭を離していたのですが
術後 初対面

2013-8-1-26.jpg

タヴィ助・・・あぁ~言っちゃった

2013-8-1-28.jpg

玉を失ない・・・どうなったか?

2013-8-1-30.jpg

袋さん・・・くたびれた感じ

2013-8-1-31.jpg

パピーの頃の去勢なら
袋は目立たなくなるようですが

五右衛門様の場合
5年間も玉さんをぶら下げていたので・・・
こんな感じで存在続けるのでしょう

垂れ下がった玉袋
五右衛門様の新たなチャームポイントとなりますね

2013-8-1-32.jpg

 
術後2週間 8月3日(土曜日)
いよいよ抜糸と 脱エリザベスの日が来ました

エリザベスが外れたら 一番先に何したい???

2013-8-2-3.jpg

カーペットにコロコロくねくね出来なかったものね

傷も良好 抜糸も完了

おめでとう!
祝!脱エリザベス

2013-8-2.jpg

とーちゃんのスペシャルマッサージのご褒美

2013-8-2-1.jpg

術後2週間の 過酷な巨大エリザベスとの生活
よく頑張りました


さて気になる 医療費

<手術当日>

1枚目
2013-8-2-4.jpg
2枚目
2013-8-3-5.jpg

合計
アニコム(50%OFF)
2013-8-2-7.jpg

<1週間後 再診>
2013-8-2-9.jpg

<2週間後 抜糸>
2013-8-2-10.jpg

アニコムに入っていて良かった!!!!!

治療も終わり すっきり五右衛門様
ホームスティ終了 帰宅したタヴィちゃん

2ブヒともよく頑張りました
手術前の生活に戻った ゴエタヴィ家

皆様 応援ありがとうございました



banner

banner


スポンサーサイト

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

2013.07.2421:55

手術経過報告

皆様からの応援メールや元気玉
本当にありがとうございました

五右衛門の手術、無事に終了しました

4日が経ち 少し落ち着いたので 経過を書きたいと思います
※少し長い記事になってしまいそうです
病気や手術の経過に関心ある方以外は スルーOKです




2013年 7月20日(土曜日)

術前の絶食絶水を守り 緊張しながら
朝9:00 病院へ向かう

当の本人は
いつものお出かけとでも思ってるのか?
ご機嫌な五右衛門様

2013-7-21.jpg

が!病院に着いた途端
表情は一変し 車から降りようともしない

2013-7-21-1.jpg

待合室でガタガタと震え カートの中で失禁
(こんな震えは初めて)

今から手術する事が分かっているのか?
診察台の上でも おしっこチビッてしまうくらい
怯えました

その姿が・・・・かわいそうで、かわいそうで・・
ホント辛かった

2013-7-21-2.jpg

手術前の説明
慎重な医院長先生の話は・・・・
もしもの悪い時の話が多く・・・重い・・・

2013-7-21-3.jpg

リスクの説明

2013-7-21-4.jpg

①短頭種
②麻酔
③夏=熱中症や呼吸のトラブル

そして 問題なのは
④五右衛門の性格
※警戒心が強く 興奮しやすい

麻酔が切れた際 もしも急変しても 
興奮したら すぐに対応が出来ない事も可能性もある
そして術後
肛門機能障害、腫脹、出血、化膿(トラブル)
消毒、抜糸(処置)

このような考えらる術後の処置
簡単に対応させてくれるだろうか?

五右衛門様の性格が
大きなリスクの追加となる

ただのビビりくせに 強がるタイプ
先生は「この子の性格だから、誰も悪くない」
そう優しく表現してくれるけれどども・・・
ケアーや病院に慣れる事の重要性を
病気や手術するにあたり 痛感する

こんな反省や不安いっぱいですが
五右衛門とこれからも長く一緒に居たいから
性格を把握した先生に お任せします

最後の見納め
五右衛門様の男のシンボル

2013-7-21-11.jpg

同意書にサインをし 五右衛門を預けた

術後の自宅療養のため
タヴィ助をパパじぃに預けるために 実家に行った

午後1時に手術の予定
もう手術が始まっただろう・・・
そう思っていた頃 
病院から電話があった

手術中 何かあったのか????
ハラハラドキドキしがら電話に出ると
看護師さん
「医院長がお話があるので電話しました。医院長に代りますね」
電話の保留音中・・・心臓バクバク

先生の話
「手術前の検査も終わり 麻酔をかけ手術に臨むところだったのですが
腫瘍が かなり小さくなっています」
「腫瘍全摘出のような広範囲の切除ではなく
簡単な処置します」

「腫瘍が・・・小さくなった????」
かーちゃん よく理解できなかった

肛門腺絞りの際に ピンポン玉程の腫瘍を発見され 
細胞診の検査をした

<検査の結果>
肛門周囲腺腫または過形成
または化膿性肉芽腫性炎症
95%良性腫瘍だが 高分化癌の可能性もありうる
<原因>
男性ホルモンの依存によるもの
<治療のすすめ>
去勢および腫瘍の切除による病理組織検査

その診断を受け
大好きな五右衛門の体に麻酔をかけ
メスを入れる
かわいそう 不安で

そして
五右衛門様の子供が いつか欲しいと去勢をしないでいたが
睾丸を失う・・
諦めなきゃならないか???
睾丸摘出する前に 精子の冷凍保存が出来ないか???
そんな事まで考えていた 1か月でした

だが・・・1か月後・・・・
腫瘍が小さくなっていた
なら欲を言えば
腫瘍や睾丸の摘出はしなくていいのか???

でも、術前の検査にて
尿検査では赤血球が出てる(血尿)
レントゲンによる前立腺肥大が確認された
やはり男性ホルモンが影響しての事で
睾丸摘出が必要との事

なぜか?腫瘍に振り回されてるような・・・気分

ではあるが・・・
腫瘍が小さくなった事
それは 大変喜ばしい事である

☆肛門付近の手術(傷)が小さくすむ
肛門機能の障害や排泄の苦痛が緩和される

☆腫瘍が小さくなった事で
高分化癌の可能性がなった!

五右衛門様 軌跡を起こしてくれた




午後3時 
無事に手術が終了したと連絡あり
手術中のトラブルもなく 麻酔の覚めも良好
その連絡に胸を撫で下ろしました

ICUで経過を見るため
お迎えは 午後6時

お迎えに行き 看護師さんに様子を聞くと

手術後、麻酔が覚めるとグッタリする子が多い中
五右衛門様は・・・
「エリザベスに腹を立て大騒ぎ
意地でも外してやる!そんな勢いで元気に暴れていました
元気な証拠ですね!」
まるで捕らわれたゴリラかぁ!

しかも、肛門付近の手術と睾丸を摘出してるのに
術後、うんPもおしっこもしたそうだ
やるなぁ~五右衛門様!

医院長先生の説明
手術前の検査検査の結果

<血液検査>


2013-7-21-00.jpg

ほぼ正常値

<尿検査>
赤血球+(血尿あり)

<エコー検査>
著変なし

<レントゲン検査>
フレブルを飼うにあたり
形成の異常は多少覚悟はしていたけれども・・・

レントゲン写真を見せられ 現実にショックを受けました


2013-7-23.jpg

血尿を伴う 前立腺肥大
そして 変形性脊椎症

2013-7-23-1.jpg

俗に言うヘルニアが確認された

そして股関節形成不全(股関節のゆるみ)

2013-7-21-8.jpg

そして・・・・心肥大

2013-7-21-7.jpg

一気に言われ 一気に落ち込んだ

ネガティブな発想ではDog lifeを充実できない
上手く付き合う手段を考えて行きましょう
そう先生に言われ 真摯に受け止めた

それにしても 五右衛門様は凄い

先生の話では 麻酔をかける際も
「絶対倒れない!絶対寝ね~ぞ!」
「玉とられせね~ぞ!」
そう訴えるような 必死に踏ん張りで 
なかなか眠りにつかない
まるで・・・打たれ強いボクサーのようなファイティング

家族としては・・・お恥ずかしい限りですが
この生きる事にファイティングな五右衛門様だから
腫瘍も小っちゃくしたのでしょう
先生 笑って言ってくれてました

笑ってる先生の話に 少しホッとし
術後の過ごし方や薬の説明
薬も 1週間の抗生剤のみの処方

2013-7-21-12.jpg

五右衛門様 いよいよ登場

2013-7-21-9.jpg

さすが五右衛門様
術後 元気に歩いてきました

夜8時に帰宅

2013-7-21-10.jpg

笑っちゃいけないけど
笑っちゃうその姿

2013-7-21-13.jpg

エリザベスカラーを装着

当初は、ストレスや負担を少なくするため
ソフトタイプのエリザベスを検討していたのですが・・・

術後、元気に外そうとチャレンジしすぎていたため
透明のプラスティック素材のエリザベスに変更

しかも首回りがマッチョのため
4Lサイズを付けられた五右衛門様

2013-7-21-14.jpg

デカすぎるし 暑そう

2013-7-21-15.jpg

手術した夜なのに
おもちゃに遊ぶ気満々見たいけど

2013-7-21-16.jpg

エリザベスが邪魔です

2013-7-21-17.jpg

透明だから見えるのに 遊べず残念

2013-7-21-19.jpg

いつもの事が エリザベスに邪魔され

2013-7-21-18.jpg

フラストレーションがたまる事でしょう

2013-7-23-4.jpg

かわいそうで・・・外してあげたいけど

手術当日の傷 ↓

2013-7-23-2.jpg

手術の傷 早くよくなるように頑張ろう

2013-7-23-5.jpg

元気な五右衛門様 ふて寝してます


その頃・・・タヴィちゃんは?

2013-7-23-6.jpg

エリザベスの影響で不自由な生活になる五右衛門様
自由に過ごせるタヴィ助と一緒に過ごすのは
益々フラストレーションが溜まってしまうだろう
そう考え、タヴィ助はパパじぃ(かーちゃんの実家)にホームスティ中
パパじぃの家で王子様状態だそうです

タヴィ助の居ない 我が家での五右衛門様
術後の生活 エリザベスに邪魔をされ
ご飯も水も一人では摂取できず 人の手が必要の日常 
ちょっとした事でも我々家族がお手伝いをしなきゃならない
大変な事もあるけど
五右衛門のパピーの頃を思い出します

あの頃
手探りながらもパピーの五右衛門との生活
可愛くって 楽しくて
我々夫婦の生活が 五右衛門一色だった


術後の今、大変な事もありますが
ネガティブな発想はやめ
タヴィ助はパパじぃに任せ

抜糸までの2週間
五右衛門との生活を
笑顔で楽しみたいと思います

五右衛門家
今回五右衛門に教えられました
いつもファイティング!


次回、ホームスティ中のタヴィちゃんの話
術後の五右衛門の様子を書きたいと思います


元気玉ありがとうごます


banner

banner


















テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

2013.07.1919:21

いよいよ明日

五右衛門の手術が決まり
不安で落ち着かない日々を過ごしていましたが
皆様の励ましのメールの数々に 元気をもらいました
ありがとうございます


神頼み!!!

2013-7-19-00.jpg

過去の画像↑

抱かれたブヒは 幸せになるという・・・
大仏様、菩薩様こと ハンナ&ファビオ家

先週日曜日
元気をもらいに 
素敵なご自宅に遊びに行ってきました


BABE&BARON 家もパワーを届けに来てくれ

2013-7-19-1.jpg

テラスで焼肉パティー

2013-7-19-2.jpg

ご自宅のドッグラン
素敵すぎる~~~

ファビオのケツを追いかける五右衛門様

2013-7-19-3.jpg

ハレンチな五右衛門様

2013-7-19-4.jpg

怒られる五右衛門様

2013-7-19-5.jpg

元気いっぱい 楽しい時間

2013-7-19-6.jpg

五右衛門家 みんなに元気をもらいました

大仏様 菩薩様 ハンナ&ファビオから

2013-7-19-7.jpg

五右衛門を守ってくれるお守り

2013-7-19-8.jpg

温かいメッセージに 感謝

BABE&BARON家から

2013-7-19-9.jpg

幸せをもたらす 四葉のクローバー
手作りのバック

2013-7-19-11.jpg

最強のパワー注入で
腫瘍に負ける気がしない!!!!


明日  7月20日(土曜日)

五右衛門様は 
ピンポン玉ほどの 肛門周囲腺腫と
睾丸摘出手術をします


2013-7-19-10.jpg

2013-7-19-12.jpg

2013-7-19-13.jpg

2013-7-19-14.jpg

2013-7-19-150.jpg

2013-7-19-16.jpg

2013-7-19-17.jpg

五右衛門様は ホント立派な
コロンと可愛い 玉2つ持っています


去勢をしていなかったため
腫瘍をつくりあげてしまいました

病気の詳細を書いた記事 こちら


この可愛い 2つの玉を・・・
失いたくはないけれど・・・

これからもず~っと五右衛門と過ごしていくために
明日
腫瘍摘出と同時に 睾丸摘出手術を受けます


きっと明日は
五右衛門様の事だから
腫瘍をチャっチャとやっつけ 
復活してくれることでしょう

2013-7-19-18.jpg

術後は 入院はしないで 自宅療養

傷口をなめて悪化させないために
タヴィ助は
明日から パパじぃの家にホームステイ


色々 不安でいっぱいですが
五右衛門様にパワー注入元気玉と応援してやってください


banner

banner

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

2013.07.0322:21

検査の結果

前回の記事でお話した
五右衛門の肛門腺付近に発見された腫瘍

皆様からの励ましや応援のメールやコメント
本当にありがとうございました



細胞診の結果が出たので
29日(土曜)病院へ行き先生のお話を伺ってきました

2013-6-30.jpg

細胞診の検査を受けたのは初めて
このような診断報告書を見たのも初めて
ハラハラドキドキしました

検査の結果

2013-6-30-1.jpg

肛門周囲腺腫
化膿性肉芽腫性炎症


報告書の診断コメントよると

本疾患は高齢の未去勢雄に好発し
その多く(約95%)は良性腫瘍の病変
直ちに悪性と判定させるだけの異型性や補助細胞の増殖が観察されませんでしたが
高分化癌は完全に除外できません
去勢および切除による病理組織検査を行うことが勧められます
炎症は病変に関連して起こっている可能性が第一に考えられます


このような診断がでました




かーちゃんが感じた事を
素直に書きたいと思います


腫瘍が発見され
地元の友達に話したら
皆揃って
「五右衛門様 イボ痔?」そう答える


無知とは恐ろしい
動物にヒトの痔に相当するような疾患はない

人間は進化をし二足歩行になり
椅子に腰掛ける生活を始まった 人類のみが痔の痛みを感じる
そして人間は、言葉を話しコミュニケーションをとる

しかし
人以外の動物たちは 痔にならないが 
話せない
愛を語ったりコミュニケーションのため
肛門付近に臭いの分泌腺を所有しているのです


雄だったら
「俺は~ここにいる~」「俺様 来たぞ~」
「俺は強いんだ!」
そんな強がりの自己アピール
雌だったら
「婚活!」

そんな分泌腺の疾患は
人間の病例とは 全く違うのはあたりまえ





未去勢 5歳の雄五右衛門様
本能のまま とても個性的なキャラの持ち主


「俺は~ここにいる」「俺様しるし」
どこでも いつでも・・・

2013-7-1-7.jpg


家では・・
器用に物色し

2013-7-2.jpg

高い場所を好み 器用に歩く

2013-7-1-1.jpg

食欲旺盛 ガンミが得意技

2013-7-2-2.jpg

人の椅子を奪うのが好きで
料理が出るのをひたすら待つ

2013-7-2-7.jpg

眠くなれば どこでも寝る

2013-7-1-5.jpg

なんとも不思議な五右衛門様

2013-7-1-2.jpg


そして五右衛門様の もう一つの呼び名を御存じですか?

2013-7-2-5.jpg

五右衛門様 またの名をHG(ハレンチ 五右衛門)


2013-7-2-6.jpg

被害者多し
イケメン男子がターゲット

2013-7-2-4.jpg

同じ雄のタヴィ助との共存もあり
そのハレンチ行為を叱り続けたら


結果・・・変態が進化してしまう始末
お気に入りの男子を見ながら
エアー腰ふり 
変態の行為
この動画 再びアップ↓




しつけが全くなっていず、お恥ずかしい限りの五右衛門様

いつまでもクヨクヨしてられない
前向きになろうと~過去のふざけた画像をアップしましたが


ここで
肛門腺周囲腺腫について 書きます




検査報告書に書いてあったように
この疾患は高齢の未去勢雄に好発し
その多は良性腫瘍の病変


<肛門周囲腺とは>
汗腺が変化した腺組織が肛門の周りをグルリと一周取り囲んでおり
排便時の潤滑やコミュニケーションに役立つ分泌腺

この腺組織が腫瘍化したものを「肛門周囲腺腫」という
この肛門周囲腺腫はイヌの肛門周囲の腫瘍の80%を占め
雄イヌに限定すれば全腫瘍中第3位の発生頻度で
もっともポピュラーな腫瘍のひとつらしい


なら・・・発症した原因は?

体のケアーが苦手な五右衛門様
肛門腺絞りを怠ったから?

2013-7-2-8.jpg


昨年は 北海道、九州、四国といった
車で全国旅をし ムリをさせたから?

2013-7-2-10.jpg

そんな理由で 腫瘍を作ってしまったのか?
先生に聞いてみた

先生
「全く関係ありません」
「肛門周囲腺腫は、睾丸から分泌されるホルモンが原因です」


<肛門周囲腺に腫瘍ができる原因>
犬が愛を語り コミュニケーションの手段を分泌する
肛門付近の分泌腺と
睾丸から出る男性ホルモンの関係が深い

簡単に表現すると
睾丸から出る男性ホルモンが
肛門周囲腺組織に 腫瘍の種をまき散し
蓄積され 固いしこり(腫瘍)を作り上げる

だから、去勢をしていない高齢の雄犬に多く
メス犬はあまり発生しない
メス犬には悪性の癌が大部分になります


<もっとも効果的な予防は>
去勢手術
若いうちに去勢しておけば
肛門周囲腺腫になる確率は10%以下と低くなる

去勢が 発症を防ぐ予防治療のひとつ

予防治療と言えば・・・
ちょっと前に話題になった
アンジェリーナ・ジョリーが 乳がん予防のために両乳腺切除手術

乳がんになるリスクが87%
予防治療で両乳腺切除することで
乳がんになるリスクを5%まで下げられた

予防治療については 賛否両論あると思う



五右衛門様の場合

2013-6-6-30-2.jpg

コロ~んと二つある

五右衛門を家族に迎えた時
去勢について・・・もちろん考えました

「五右衛門らしさ」のままでいたい
元気な子に麻酔を使いたくない
そんな思いで、去勢はなしで 今までいました

でも・・・
今回、五右衛門に発見れた疾患が
未去勢だった事が原因であるなら
去勢していれば、発病しなかったこと

反省・・・後悔・・・複雑な気分

クヨクヨしていても解決にならない
五右衛門のために今できる事を考えよう
先生とたくさん話しました


<細胞診の結果と治療法>

肛門周囲腺腫
化膿性肉芽腫性炎症


直ちに悪性と判定させるだけの異型性や補助細胞の増殖が観察さなかった
高齢の未去勢雄に好発し その多く(約95%)は良性腫瘍の病変

95%良性とはかなり高い 安心できる数値ですが・・・
細胞診だけの結果は・・・
で。あろう!という答えであり
100%癌じゃないとは言い切れない判断

しかも
7歳からの未去勢の雄犬が発症しやすい病変
五右衛門は、まだ5歳

年齢を考えると・・・5%の悪性に類しても不可能ではない

腫瘍摘出し病理組織検査でないと良性の判断できない

(先生が提案した治療)

①切除手術
②内科的治療
 薬で腫瘍を小さくする、しかし腫瘍を消滅出来ない
③様子を見る


ゴエタヴィ家が出した治療の選択は
①の切除手術

ただし・・・
肛門周囲腺の組織は 1つだけではない
男性ホルモンが腫瘍の種をまき散らしていたのであれば
発病していない隠れ腫瘍は潜んでいるはず

しかも
肛門周囲腺腫を持つ雄イヌの睾丸には
間質細胞腫とよばれる睾丸の腫瘍も発生していることが多い。



去勢手術を同時に行うことで
再発のリスクを10%まで引き下げられる



2013-7-2-9.jpg

五右衛門様の 五右衛門様らしい
かーちゃんが大好きな
このキャン玉ちゃんを取らないとならない
いつか・・・五右衛門のDNAをもった子を残したいな~
そんな思いもあった

Wショックでもあり

マッチョで個性的な五右衛門の
この体にメスを入れる
そして短頭腫で麻酔のリスクがある五右衛門に
麻酔をかける
不安でいっぱいですが

これからも健康で長生きして欲しいと願い


7月20日(土曜日)
五右衛門は腫瘍摘出手術と去勢手術をすることになりました

願うは
摘出した腫瘍の病理組織検査でも
癌細胞が発見されない事を願うばかりです 


心配しコメントやメールをくれた皆さん
温かいお言葉 本当にありがとうございました


そして
病気の経過報告でありながらも
ふざけた画像のアップや ダメなオーナーの事実ではありますが
この病気について 少しでも皆さんの参考になればと思い
長く書いてしまいました


最後まで読んでくださり ありがとうございました
こんな五右衛門家ですが
これからも五右衛門ともども よろしくお願いします


 

banner

banner

テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

2013.06.2321:11

五右衛門の腫瘍

ベランダから 外を見つめるのが好きな 五右衛門様
五右衛門に腫瘍がみつかりました


2013-6-21-1.jpg

五右衛門は、とてもナイーブな子で
体のケアーが苦手
不安や恐怖心から、チアノーゼを起こすくらいパニックになってしまいます

だから年に1度、病院で鎮静剤を使い
体のケアーや治療をしてもらっています


21日(金曜日)

包皮炎の洗浄、耳の洗浄 肛門腺絞りや薬浴など
体のケアーと治療に病院へ行きました

治療の前に医院長先生とお話し
先生「五右衛門も5歳だ。ペットドックで血液検査はどーする?」
かーちゃん「血液検査では何がわかりますか?」
先生「赤血球や白血球のコレステロールなどの数値で
人間の一般的な健康診断と同じような事ですね」

かーちゃん「やっておいた方が・・・いいですか?」
先生「獣医の私が言うのもなんですが・・・」
  「検査をし安心を得る事もありますが」
  「例えばコレステロールが高い・・・血糖値が高い・・・」
  「そんな数値が出た時に、心配のあまり神経質になって ストレスを抱えて落胆しかねない」
  「心配しすぎはかえって良くない、知らない方がいい事もありますよね」
  「治療に必要な検査ならば、検査をお願いしますが」
  「一般的な検査なので、判断はお任せします」

かーちゃん「そうですよね~
      私も自分の健康診断の結果で、中性脂肪が高くってショックでした
      でも五右衛門の事になると 心配性の私の事だから 
      ちょっとの事でも 神経質になっちゃうし~
      これじゃ~ノイローゼになっちゃいますよねぇ~」

血液検査はなしでお願いし

先生「五右衛門も5歳で人間でいえば36歳だから、触診も念入りにしますね」
かーちゃん「五右衛門もうオッサンですから
     気になる事があれば その場の処置は先生にお任せします」

そんな何気ない会話をしながら 五右衛門を病院へ預けた

かーちゃんは帰宅し
五右衛門が居ぬ間に 大掃除
こことぞばかりに 掃除に励む

すると病院から電話がある
預けている最中に病院から電話があると
何かあったのか?とドキドキする

電話の内容は
「爪が伸びているから切りますか?」
その内容に ホッとした

それからまた1時間後・・・病院から電話
またドキドキして電話に出た

看護師さんの話は
「先生が五右衛門君の肛門腺を絞った所、肛門腺付近にしこりが見つかりました」
「このしこりに針を刺し、細胞を検査してもよろしいですか?」

かーちゃん「しこりとは?腫瘍」
看護師さん「はい」

その話に・・・
頭が真っ白になった

仕事中のとーちゃんに連絡をし 
検査のお願いをし

病院へお迎えに行くまでの時間
ど~しようもなく不安になり
たまらず タヴィ助をつれ実家に行った

タヴィ助をパパじぃに預け かーちゃん1人病院へ
なぜ?こんな時にとーちゃんは仕事なんだ
待合室で待つ時間色々な事が 頭に過った

思い当たることもある


①GWが明けの頃 そろそろ肛門腺を絞らなきゃとと思い
病院に電話をし 予約が取れたのが6月29日(土曜日)だった

それから6月に入り
その頃、五右衛門はおしりをスリスリ 
そして便に血が付いた
もしや???肛門腺が破裂した????
慌てて病院に相談の電話を入れた

出血の量も便に着くぐらいの少量のため
肛門腺の破裂ではないだろう
病院も診察外時間で翌日は休み
常備してある消炎剤で様子を見ることに
翌日、出血もなく便もいい!元気もいい!
でも病院が配慮してくれ予約を早めてくれ 21日になったのです


そしてもう一つ気になっていた事
②五右衛門の肛門は、いつも尻尾に隠れていました
こんな感じ↓
2013-6-21.jpg

それが最近・・・肛門が尻尾の下から丸見え↓

2013-6-23.jpg

肛門丸見え 変なの!
五右衛門様 年取って重力に逆らえなくなったの?
そんな事で 笑ってました

それが今つながった
肛門内に 腫瘍があったからなんだ!
↑写真 左側の腫れが腫瘍による腫れだったんだ


自分を責め

診察室に呼ばれ かーちゃん1人先生の説明をうける

先生は
「肛門腺を絞った際、ピンポン玉よりちょっと小さいサイズの腫瘍が確認された
病理組織学的検査の結果でないと、悪性か?良性か?判断できない」


その日は 絶食絶水 安静
脱水症状にならないように 水分がいっぱい補給された
タブタブの首になって五右衛門

2013-6-21-3.jpg

帰り道、不安で不安で仕方がない



肛門腺付近に出来る腫瘍

<肛門周囲腺腫>
肛門の周囲にある分泌腺に発生する腫瘍
肛門周囲にできた腫瘍の80%を占め
雄イヌに限定すれば 全腫瘍中第3位の発生頻度
雌犬の10倍

睾丸から出る男性ホルモンが原因でこの腫瘍が発生し
未去勢の雄の高齢犬(8歳~)によくみられる良性の腫瘍です

ホルモン依存性であるため、去勢済みの雄や雌に発生は少ないが、
両者の発生は、悪性が多いらしい

(治療法)
腫瘍摘出術と去勢手術を同時に行うことが、もっとも効果的な治療


悪性ならば・・・肛門嚢腺癌や肛門周囲腺癌

(肛門嚢腺癌)
肛門嚢壁に存在するアポクリン分泌性上皮から発生する悪性腫瘍
(肛門周囲腺癌)
男性ホルモン依存性ではないので
去勢手術の有無に関わらず一定の低い頻度で発生する悪性腫瘍

5cm以上にステージが進んでいれば
平均生存率の中央値は12ヶ月といわれています


良性であるといわれる 肛門周囲腺腫なら
未去勢の雄犬に発症するの
なら!五右衛門様は
自然のままで居させたい いつか五右衛門のベビーが欲しい
そんな考えで 未去勢
良性の肛門周囲腫を考えられる

で・・・・も8歳を過ぎた老犬に発症しやすい
五右衛門様・・・まだ5歳になったばかりだよ

悪性なのか????
心配性のかーちゃん ネガティブになってしまい苦しい
不安で仕方がない

診察の前に先生と交わした会話
「知らない方が いい事もある」じゃないけど・・・
こんなに不安になるなら
知らなかった方がよかった!!!!!!
涙ながらに先生に言った


先生
「発見してあげられた事が、五右衛門にいい事ですよ」

そうだ!
1週間後の検査の結果を待ち、前向きに考えよう


五右衛門もタヴィ助も いつものように元気
今日は 気分転換のお出かけ
1年点検にトヨタへ

2013-6-23-4.jpg

五右衛門は長生きして
かっこいいクラウンが似合う おっさんになれるよ

2013-6-23-5.jpg

笹の葉に願いを込めました

2013-6-23-6.jpg


腫瘍が見つかり 2日が経ち
ブログを書いたかーちゃん
我が家の男子たちは、只今

2013-6-23-1.jpg

3人!?揃ってうたた寝中
しかも五右衛門様 テーブルの上 
これダメでしょう

2013-6-23-3.jpg

これがゴエタヴィ家の いつもの事
テーブルに乗る五右衛門様 
しかも そこで寝るなんてダメダメで
いつも怒られてる五右衛門様

この態度デカイ五右衛門様
腫瘍なんかに負けるわけがない!!

2013-6-23-7.jpg
 

頑張ってる子に 頑張れ!って言うのが好きじゃない
頑張ってる子には 大丈夫!そう応援したい かーちゃん

大丈夫!と前向きに 今まで通りに過ごし
検査の結果をまとう


banner

banner







テーマ : フレンチブルドッグ★ライフ
ジャンル : ペット

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール
とーちゃんのプロフィール

名前 : ゴエモンとーちゃん
性別 : 男性
血液型 : O型
自己紹介
我が家の3ブヒ
(五右衛門とタヴィ助と かーちゃん)を 食わせる為に、日々多忙に働く

一家の大黒柱
かーちゃん以上に親バカである
五右衛門に咬まれ・・ケガした経験あり
それでも、家族として向き合ってくれるとーちゃん
優しいとーちゃん
かーちゃんはとーちゃんが大好き

五右衛門の プロフィール
いいい-

【名前】  五右衛門 

またの名を HG

(ハレンチ 五右衛門)

【性別】  男の子

【カラー】 パイド

【誕生日】2008年5月23日

【体重】  14㌔

【嫌いな事】爪切り・お留守番・シャンプー

【好きな事】  イケメン大好き

【得意技】  エアー腰ふり~

天下の大泥棒

タヴィ助のプロフィール
いいい1-

【名前】  タヴィ助

【性別】  男の子

【カラー】 クリーム

【誕生日】2009年11月30日

【体重】  10㌔

【嫌いな事】掃除機・トイレ・

【性格】  優しい顔して根性強し!

天下のコソ泥

以前のブログ
鬱だった時の かーちゃんのブログです。
パピー時期のおいらがいますので遊びに来て下さい
☆天下の大泥棒 五右衛門様よ☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
banner
バナー
☆フリーリンクですので、貼り付けて頂けたら嬉しいです☆
↓ ↓ ↓ ↓
banner
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
命は物ではありません
カワイイ子たち家族を求めています。
いつでも里親募集中 banner 「禁煙始めました」 愛読中 フレンチブルドッグ専門【ZAIHOO】
ランキングに参加しています
banner
れおんくんママ作↓ banner banner
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。